サッカーコラム2016!

2015年女子ワールドカップに向けて

2015年女子ワールドカップに向けて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年5月にベトナムで開催されていた、

AFC女子アジアカップで、日本代表は初優勝を果たし、

来年カナダで行われる、”FIFA女子ワールドカップ” への、

出場権を獲得したことは記憶に新しい。

 

 

 

6月のブラジルワールドカップに参加する、

男子日本代表にもいい影響を与えるのではないだろうか。

 

 

 

やはり代表というのは内容はもちろんだが、

勝利してナンボだということを、今回の女子代表はあらためて示してくれた。

 

 

 

来年の女子ワールドカップは、参加チームがこれまでの、

16から24へと拡大され、レベルが上がりより厳しい戦いとなるだろう。

 

 

 

逆に昔の男子の様に、成績によっては、

予選リーグ3位でも決勝トーナメント進出の可能性があるため、

体格と体力で他国に遅れをとる日本にとっては、

予選の結果を見て、主力を休ませることができるといった利点もある。

 

 

 

前回ドイツワールドカップでの優勝には、

喜びと驚き両方の感想があったが、

大会参加前の佐々木監督の著書を読むと、

”優勝” を意識して、大会に臨んでいたことが分かる。

 

 

 

そこに、男子代表との大きな差が横たわっているように思えてならない。

 

 

 

来年のワールドカップに向け、

なでしこジャパンはどのような目標を掲げるのだろうか。

 

 

 

世代交代を進めながら、

また日本中を熱狂させた快進撃を見せてもらいたい。

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ